2016年12月19日 (月)

【試合結果】同志社大学戦

こんばんは。

更新が遅れてしまい、
申し訳ありません。

12/11に行われました、
同志社大学戦は
7-37で敗戦致しました。

前日のミーティングで

理想は、4Q残り数秒で
ニーダウンして終えること。
でも、最悪の状況も想定しておかないと
当日、理想通りにいくかはわからないし
切り替えて次のプレーに臨まなければ
巻き返すことはできないだろう。

という話が出た。

今までは、
良いイメージをして試合に臨もう。
と誰もが話していた。

しかし、同志社大学は今まで
リーグ戦で戦ってきた中で一番強い。

だからこそ、
良いイメージだけではなく
最悪の状況も想定内に、と。


試合前は誰もが緊張していた。
と共に、
これから始まる戦いへの
気迫も感じれた。

このまま良い状態で臨めば
必ず勝てる、そう思っていた。


前半を終え、7-27。
最悪の状態ではあるもの、想定内。

これから巻き返すんやろ!
後半1プレー目から!

とみんなが声を出し、
サイドラインに立つ誰もが
フィールドで戦っている選手に
声をかけていた。

全員で戦っている姿を見て、
負ける気は全くしなかった。

しかし、更に得点を取られ、
7-37で試合終了。


終わった直後は
悔しさもあったが、
何が悪かったのか
整理がつかなかった。

翌日のミーティングで
敗因の一つに挙がったこと。

フィジカルでも負けていた。

気持ちが前に出過ぎて
体がついていけてなかったのでは。

まだまだこれから、と
気持ちは高揚していたもの、
点差がどんどん開きどこか不安になって
メンタル面のギャップがあったのでは。

人それぞれ要因は違ったものの、
Div.1へ上がる力は
まだまだ足りていなかったのだと
改めて実感した。

それでも、
この1年間やってきた中で
良かったところ、
これは上手くいかなかったこと等
残せることは残し、
今後のDEVILSに活かしてもらうことが
4回生の最後の使命。

来年の入替戦では必ず勝利し、
Div.1に返り咲くために。
これからのDEVILSのために。


先日を持ちまして、
今年度のシーズンを終えました。

今年度も沢山のご声援、
誠にありがとうございました。

一年間通して、
多くの方々に支えられているのだと
改めて感じました。

最後の最後で
皆様のご期待に応えることができず、
本当に申し訳ありません。

来年の入替戦へ向けて、
新4回生が中心となり
動き出しています。

今後も皆様の温かいご声援、
宜しくお願い申し上げます。


4回生 MGR 濱波咲子